HIROKU
ジュエリーを作ってます。
日々のことや制作した装身具のご紹介などなど。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

オススメ図書あれこれ。

今年もあとわずかですね。
そろそろ年末年始のお休みに入られてる方もいらっしゃるのでは?
お正月は意外とやることないな〜と思ってるみなさんに
今年発売した友人、知人の本をご紹介します。
(発売日順)


どどいつちゃ
いいあい























イラストレーターいいあいさんが今の女の子の気持ちを
どどいつとイラストで表現してるのだけど、
これを読むと「女の子ってかわいいなぁ」と女の子をとうの昔に卒業したわたしも
甘酸っぱい気持ちに。
ひろちゃんという女の子が出て来てなんか嬉しい一冊。
どどいつを知らなくても楽しめます。


写真集―誰かに贈りたくなる108冊
森岡督行






















お世話になっている森岡書店の森岡さんが満を持しての写真集の本。
大竹昭子さんや平松洋子さんなど特定の個人にプレゼントを渡すように選んだ写真集と
それに添えられた手紙で構成されてます。
個人的には書店を立ち上げたときの話や震災時の彼の心の動きが面白かったです。
写真集を撮った写真も背景とマッチしていて素敵です。


カッコいいほとけ
早川いくを























友人早川いくをさんの新刊。
彼はへんないきもので有名ですが、こちらはいきものではなくて仏。
今年国立博物館で開催された密教展で萌えまくった方にはうってつけの一冊。
笑っちゃう内容なんですが、思いのほか為にもなります(笑)。
あと寺西さんのイラストがいいんですよね。卯神将とか!


きこりとテーブル
八百坂洋子 再話
吉實恵 絵





画像が小さくてごめんなさい。
こちらは長年の友人、イラストレーターの吉實恵さんの絵本です!
トルコの民話なんですけど、これがまたちょっと面白いですよ。
「えっ落ちこれですか!?」みたいな。
本屋さんでは手に入らないかもしれませんが、
幼稚園や保育園にはあると思われますのでお母さん、お父さん、読んでみて下さいね。
ちなみにトルコでは人のものを取るのも働かないのもそんなに悪いことじゃないんですって。
そんなお国柄を感じる一冊です。

ちなみに私がお正月読みたい本はこちら
読めたらいいけどなぁ〜


ビブリオファイル
今日からタイトルを日本語にしました。
どうぞよろしくお願いします!


The treasuring books of my friend.
今まで住んでた部屋の隣に引っ越すという友達のお手伝いをしました。
大量の蔵書を流れ作業で数メートルをえっちらおっちら。
手に取って眺めたい本の誘惑を振り切って黙々と作業。
あまりの量に結局その日は本の移動だけしかできませんでした。
後日お決まりの筋肉痛が...
こんどじっくり本を眺めに行きたいものです。 

ビブリオファイルといえば荒俣せんせい。 : めくるめく愛書家の世界
black cape



In the waiting time of the subway.
地下鉄が止まってしまい、突然の待ち時間のあいだ
友人の母上が発行されたという個人詩誌「黒マント」を読む。
箒、ハチ、百聞の話など。
忙殺する日常からスゥと抜けて、普段見過ごしてしまうアレコレを
「もっと良く感じてみて!」と言われた気分。
le monde merveilleux des bijoux

The splendid book which I came across in a secondhand bookstore.
先日神保町の竹尾に行った後、何故だか引きつけられ初めて入った古本屋さんで
すばらしい出会いをしました。
つれて帰った40年前のジュエリーの本。
 開いてドキドキしっぱなしです。
I wake every morning to have a dream.

I read a book of interviews of Haruki Murakami.
村上春樹のインタビュー集。
何かインスピレーションを得たとしても、 それを文章にするには寝かせる時間が必要だという話に共感。
いい形ができてラフを描いても、それを三次元までもっていくには長い時間が必要。
無理に作ろうとするとだいたいにおいて思いと違ったものが出来てしまうものです。

それにしても村上さんご本人は自分に対して「普通」と何度も言ってますが、
ぜんぜん普通じゃないですよね。
A picture book by William Somerset Maugham


Princess September and the Nightingale