HIROKU
ジュエリーを作ってます。
日々のことや制作した装身具のご紹介などなど。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
京都-その3
(展示以外の)京都滞在健忘録のその3。







今回神社仏閣はこちらだけ。

聖徳太子がつくって、親鸞が引きこもりしたという京都のへそ。
六角堂。
なんだかおじさま光ってますね。
不動明王に重々にお参りしてきました。


うめぞのさん。
最後はみたらし団子で。


そしてあこがれの場所でホットケーキを。


螺鈿でつくられた剥がれていても美しくてシックな看板。
寺町通は楽しい。


Cafe Bibliotic Hello! にリベンジ。


床の具合が素敵なのと、スピーカーが客席に向いてないのが良かったです。


最後は京都駅の京都茶寮で薄茶をいただいて。
もうこのころは疲れMAX。
新幹線が来るまでELEMEさんと無制限しりとりで気持ちを紛らし。


またね、京都。
出会った全てのみなさまに感謝!

ということで(食べてばかりに見える)健忘録におつきあい下さり
ありがとうございました。

今はすでに東京での日常。
京都は遠くになりにけり。
また行きたいな!



京都番外編-京都芸術センター
じっくり見た。といえばここくらい?
ELEMEさんお薦めの京都芸術センターです。


もと小学校。(平成7年までは実際使われていたらしいです。)


芸術関係のちらしなど置いてある資料室。


絵の展示室も。








子供達は右側通行とか決められて歩いてたのかな。


とにかく曲線の使い方が美しいのです。
それと濃い木の色の組み合わせがすごく大人っぽくて色っぽいのね。

いろいろな芸術活動の発表の場であるらしく、
重くて大きい大道具を階段も無い中、劇団員らしい若者がみんなで運んでおりました。



それを横目で見つつ前田珈琲さんで珈琲と...
(前田珈琲さんの珈琲はとてもわたし好み。)



赤味噌のオムハヤシ。

ああ、また食べ物で締めてしまいました。

最後京都その3に続きます。
もう少しだけおつきあい下さい。



京都-その2
 (展示以外の)京都滞在健忘録のその2。


おはようございます。


いってきま〜す。(名和晃平さんの作品)


定番。


THE朝食!


六角通の小さいパン屋さん「THE NB Bakery」。
あとでお店の女の子が仕事上がりに展示を見に来てくれました。
買い物中にELEMEさんがナンパしたらしい(笑)。
ありがと!


そんなELEMEさんが作る。わたくし一押しのペンダント。
北欧っぽい形に彼女独特の色使いが素敵。
チュニックやワンピースにロングで着けると気分です。


HIROKU


次の日フルーツパーラーヤオイソにて。
いちじくのサンド美味しかった。


うめぞの悶絶絶品生麩パフェ。
お麩を焼いているので温かくて冷たい。

夕方の四条では祇園祭の笛や太鼓の練習が始まっておりました。
夏。

番外編、京都芸術センターに続きます。









京都-その1
(展示以外の)京都滞在健忘録

早朝東京を出発し、10時ころに京都着。


まずは京都芸術センター内の前田珈琲明倫店にて搬入前のチェック。
この後何度も前田珈琲さんにお世話に。


搬入後のRui and Aguri(and Mr.J)ご一行様


ホテルアンテルーム京都
元々は代ゼミ寮。


モフモフお出迎え。




なにせ冷えとリストですので。


IYEMON SALON KYOTOにて朝ご飯の鯛茶漬け。


帯問屋誉田屋さん。
美。


うめぞのさんの悶絶絶品抹茶パンケーキ。


こちらは友達に教えてもらったみうらじゅん氏の愛する田毎のたぬきうどん。
たぬきなのにきつね。


金曜日の夜。
混んでいて入れなかったCafe Bibliotic Hello!

京都は人も町も東京よりゆったりとしていたな。

その2に続きます。